当社施工例

福岡でマンションを所有するメリット

福岡市では、この5年間で7万3,711人増加。
人口増加数、人口増加率において全国20政令指定都市の中でもトップとなりました。

将来的な人口推計において、福岡市は他の政令指定都市と比べて群を抜いた増加率が想定されています。
各都市ともに、川崎市を除いては人口減の推計の中、福岡は+9.4%と驚異的な伸びとなっており、
このデータからは、住宅需要の伸びも十分に期待できる可能性が考えられます。

  • ■政令指定都市の人口及び人口増加率

    出典:令和2年国勢調査
  • ■福岡市各行政区の人口及び人口増加率

    出典:令和2年国勢調査
資料請求受付中

2023年3月27日、地下鉄七隈線延伸により、博多駅まで一本で行き来できるようになります。
2014年の着工以降、別府2丁目の地価は毎年平均4%、2022年時点で144%上昇しています。

■地価公示(住宅地)

※1944年から2022年福岡市平均の公示地価変動は▲3.3%に対して当該地の公示地価は7.2%上昇
※特に地下鉄延伸工事着工から毎年着実に価格を上げている

■二つの大再開発計画で進化する福岡市街地エリア。地下鉄七隈線の延伸で、別府は福岡の未来と繋がる街へ。

規制緩和によって民間投資を呼び込む
『天神ビッグバン』着実に進行中!!

天神ビッグバン

天神地区では、アジアの拠点都市としての役割・機能を高め、新たな空間と雇用を創出するプロジェクト”天神ビッグバン”を推進しています。
航空法高さ制限の特例承認や福岡市独自の容積率緩和制度などを組み合わせ、ソフト・ハード両面にわたる施策を一体的に推進することで、民間活力を最大限に引き出しながら耐震性の高い先進的なビルへの建替えを促進するとともに、快適でぬくもりのある公共空間の創出など、安全安心で、未来に誇れる、魅力的で質の高いまちづくりに取り組んでいます。


  • 延床面積
    1.7倍(444,000m²→757,000m²)
  • 雇用者数
    2.4倍(39,900人→97,100人)
  • 10年間の建設投資効果
    2,900億円/年
  • 経済波及効果
    8,500億円/年

博多駅の活力と賑わいを
さらに周辺につなげていく
『博多コネクティッド』本格始動!!

博多コネクティッド

博多駅周辺では、2011年の九州新幹線開業とあわせて駅を中心に賑わいをみせている一方で、九州の陸の玄関口として更なる発展が期待されております。
このため、地下鉄七隈線延伸やはかた駅前通り再整備など、交通基盤の拡充とあわせ、容積率などの規制緩和により、耐震性の高い先進的なビルへの建替えや歩行者ネットワークを拡大するとともに、歴史ある博多旧市街との回遊性を高めることで、都市機能の向上を図っていきます。
この『博多コネクティッド』をハード・ソフト両面から取り組んでいくことで、多くの人が訪れる九州の陸の玄関口である博多駅の活力と賑わいを、さらに周辺につなげていきます。

  • 延床面積
    1.5倍(341,000m²→498,000m²)
  • 雇用者数
    1.6倍(32,000人→51,000人)
  • 10年間の建設投資効果
    2,600億円/年
  • 経済波及効果
    5,000億円/年

■「博多」駅へ延伸で七隈線でも空港線のメリットが享受でき、生活様式が大きく変化。

仕事帰りにキャナルシティで友人とショッピングや映画を鑑賞したり、中洲・春吉エリアで夫婦でディナーを楽しんだり、贅沢に日々を愉しめます。
天神交差点を中心とする広大なエリアを対象とする大規模再開発プロジェクト「天神ビッグバン」。2021年竣工の「天神ビジネスセンター」を先駆けとし、数々の開発計画が進行中。さまざまな商業施設も誕生予定のため、暮らしの充実感がいっそう高まります。

多くの企業が集積するビジネス拠点「博多」へ直通で14分で快適アクセス。JR博多シティでは日本最大級のレストランゾーンくうてんや屋上庭園の展望テラスから福岡の街もパノラマで一望できます。
博多駅周辺エリアでは、再開発・整備プロジェクト「博多コネクティッド」が進行中。また、「博多駅空中都市プロジェクト」として新たな駅ビルの開発計画も始動。地下鉄七隈線の延伸との相乗効果で沿線の暮らしは、より豊かに、華やかに変わってゆくでしょう。

資料請求受付中

福岡市内で駅徒歩1分圏の
新築分譲マンションは36棟(2.74%)、
2,701戸(3.8%)のみと高い希少性を持っています。

■希少性の確認




駅徒歩1分圏の中古マンション成約は
12件(0.9%)のみ。
駅徒歩1分圏の物件は希少性の高さから、
中古市場へ供給されることも少ない
ものと推測されます。

■中古マンション成約件数



資料請求受付中

外観完成予想図

新時代のステージを物語る、
進取性際立つデザイン。

フレキシブルな発想が、
新たな暮らし心地を創造する。

安らぎある住環境づくりを
目指したランドプラン。

公道に面する北側からゆったりと奥行のある敷地を活かし、
公道から十分に距離をとって建物を配棟。
アプローチは、緑美しい植栽帯を配したゆとりある小径とし、
落ち着きある私邸感を演出します。
また、隣接地の建物の影響を受けにくいよう、
敷地の南側にも広く空間を確保し、
建物南側への開放感を創出。
全邸に南側バルコニーを採用しており、
自然の光や風にあふれる戸内環境が実現します。

エントランスホール完成予想図
ランドプランイメージイラスト
  • 完成予想図

    公道からの距離を設けることで生まれる、プライベート空間。

  • イメージ

    安全性に配慮し、歩行者、自転車と自動車、バイクの動線を分けた歩車分離設計。

  • メーカー参考写真

    駐車場への不審者の侵入を防ぐシャッターゲートでセキュリティに配慮。
    ※写真はイメージ画像となります。

  • イメージ

    ペットの散歩帰りなどに便利なペット足洗い場を設置。

  • 完成予想図

    敷地境界まで約15mの離隔を設けた設計。

  • グランドオークEQギャラリー※3

    採光豊富な全戸南面バルコニー。

資料請求受付中

資料請求受付中

お問い合わせ